上尾市のホームぺージ制作・越境EC 株式会社オーキッド

おまかせパック

スクロール一つですべてを伝える・シンプルでも内容充実

かんたんパック

シンプル・低価格でもしっかりとオフィシャルサイトを作る

総合メンテナンスと安心サポート付き ・初期費用を抑えたおまかせパック

オリジナリティ抜群

お店のカラー・伝統すべてをオリジナルデザインで伝えるカスタムサイト作成。ブログ併設で発信内容もオリジナルコンテンツで。

独自ドメインメールアドレス付きで会社・お店の認知度UP!

詳細を見る

今あるサイトをスマホ対応に

現在ご利用のホームページの内容の残しつつスマホ対応のレスポンシブ対応サイトにリフォームいたします。 ユーザーの利便性を改善するとアクセス向上及びサーチエンジン対策にもなります。

詳細を見る

自社ショップ(独自ドメインショップ)の開設

独自ドメインECショップ構築

ショッピングポータール以外で販売を開始したい
販売手数料が無い自社運営ショップをオープンしたい
等ご希望の方はお気軽にお問合せ下さい

運営コストが最大のメリット

大手ポータールと比較し運営コストがメリットの独自ドメインショップ
弊社運営中ショップ「反射材通販プリズム」を見る

上尾市のネットショップ制作・は親切サポートの(株)オーキッド

埼玉県のホームページ制作はオーキッドに・見積が分かりやすく予算が立てやすい・お気軽にお問合せ下さい。

上尾市だから出来る! 地域密着型ネット通販サポート

(株)オーキッドは地域密着型サービスを心がけているため、埼玉県上尾市のお客様であれば、お問い合わせいただけば迅速にお打合せ日を設定しお伺い致します。  まずは、お客様のお話ご希望およびプランをお聞かせください。問題点を解決し、より良い成果の出るホームページを作成いたします。

ネット通販・ホームページ成功の秘訣

コンセプトなしで色々な商品を多数販売しているホームページ・ネットショップは売上げが見込めないかもしれません。

良いデザインで見た目心地良いホームぺ―ジが売上げにつながるかどうかは如何に制作段階でターゲットが絞られているかにかかわってきます。 それは女性対象、または男性対象で作るかによって全くアプローチの方法が違うからです☆ また見た目が悪くても方も客をとらえる「刺さる」コピーを伴い、大きくひきつけるあまり、美しくないけど情熱的な「赤」をベースに使うなど工夫を加える必要があります。

言い方を変えればジャパネットたかたのウェブ版です。

以下がホームページ・ネット通販で気を付けるべきポイントです。

売れるデザインと体裁が良いグッドデザインは別物

ショップオーナーはともかく体裁が良いものを希望しがちですが、「売れる」ページは長ければ長いほどお良い!と言っても過言ではないでしょう。 約10,000ピクセルが目安です。  ホームページの横幅が大体1,000ピクセルですので、その10倍の長さの縦長となります。 納得のいくまで大きな・鮮明な写真で説明 =>最後に情熱の赤文字で衝撃価格!

ホームページの来訪者は“パッと”3秒で決める

3秒ルールはホームぺ―ジに限らず、コンビニの商品選びにも当てはまります。 第一印象の最初の3秒でコンビニの商品は売れていくとのことで、ホームぺ―ジも最初の3秒で離脱かさらにホームページを読み込むかが決まってしまいます。 色彩心理学によると、青などの寒色系の色の時と、赤や黄色などの暖色系の色では圧倒的に暖色系の方がインパクトがあり、ショッピングサイトには暖色が使われていることにも納得がいきます。

上尾市で高品質なホームページ制作を、低価格でご提供します。

下記の課題やご希望がある方は是非お問い合わせください。 ご要望をお聞きした後、適切なご提案をさせていただきます。

  • ホームページ制作の費用を安くしたい。
  • 以前に作ったホームページのデザインが古くなってしまった。
  • 英文のホームページを作りたい。
  • ホームページはあるけど、作ったままで更新していない。
  • ネットショップが思う様に売れない

ターゲットを決めて「絞る」にかぎる

性別・年齢・地域性のターゲットをきめた後、商品構成も絞りましょう。 ネットはそもそもテレビと違って細かくセグメント化されたニッチなマーケットを狙うのに長けています。 男性向けにはスペック重視で。 女性向けには感情豊かに“ふわっと”した感じで擬音ワードをふんだんに使います。

加須市以外の埼玉県ホームぺージ制作対応エリア

性別・年齢・地域性のターゲットをきめた後、商品構成も絞りましょう。 ネットはそもそもテレビと違って細かくセグメント化されたニッチなマーケットを狙うのに長けています。 男性向けにはスペック重視で。 女性向けには感情豊かに“ふわっと”した感じで擬音ワードをふんだんに使います。